志望動機で決まる!未経験転職ガイド 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

転職に必要な履歴書・職務経歴書の書き方をガイドします。未経験職種への転職やキャリアアップ転職など含め採用率アップにつながるノウハウ満載です。

サイトマップ

あなたの履歴書にこんな間違いはないか

空欄が多いほど正体不明の印象

はじめての転職なのに、学歴・職歴欄の広い履歴書用紙を選んだことがそもそもの失敗になる。



妙に白紙部分が目立ってしまい、意欲が希薄な印象を与える結果になる。

空欄が多いものは、自己アピールする履歴書なのに、書き込みがないこと自体が正体不明で減点材料など、採用担当者には総じてマイナス評価を受ける。

西暦と年号の同時使用は非常識

生年月日や入学・卒業・入退社、資格取得など履歴書には年月日表記の欄が多い。

日本企業の場合は、昭和や平成といった年号による表記が普通だが、最近は外資系企業への応募などで西暦を使う例も多くなっている。

どちらにする場合も混在させないことが基本。

修正は気軽な応募の証明に

履歴書では訂正は不可。

記入ミスをした場合は、新しい用紙で書き直すのが基本中の基本。

2本線で消して直したりするのは論外。

修正液を使用したものにも、このくらいなら、まぁいいだろうという応募者の姿勢が見え見えという採用担当者の意見が多い。

マニュアル言葉は避けたい

志望動機欄は、履歴書の中でもとくに採用に直結する。

誠意ある応募者はこのスペースで何とか自分をアピールしようと苦労しているもの。

本当にグローバルな事業内容に興味を感じたのなら、その理由やそこで自分ができること、取り組みたいことまで書くべき。

応募職種さえ不明確で選考できない

特になしという記述は、空欄と同じ。

本人は何でもやりますという意思表示をしているつもりでも、採用担当者は入社意欲なしと受け取るのが普通。

また、どんな場合も希望職種の明記は必須。

同時に複数の職種を求人募集している会社の場合は、応募職種が不明だと選考対象外とされてしまうケースもある。


まとめ書きが一目瞭然

志望先に合わせて書く欄を残し、まとめ書きするのはかまわない。

だが、あとで記入した日付・通勤時間・志望動機欄に別のペンを使うと、まとめ書きが一目瞭然になってしまう。

それが平気なこと自体に雑な印象がある、相当あちこちに応募している人なんだなと思うとの採用担当者の声。

甘い糊付けやサイズにも注意

写真の焼きまし代を惜しんで、使いまわす人が多い。

よくあるのは、サイズの合わない写真をカットして使ったものや何回も剥がして貼り直した分、厚くなったもの、再び剥がして使いたいのか一部だけ糊付けしたものなど。

すぐ落とされなくても目立つだけにマイナス。

経歴ブランクには何らかの説明を

疑問点の多い応募者は要注意とされる。

この1年間の学歴ブランクは浪人のせいか大病をしたのか、最終学歴のみの履歴書用紙を使う方法もあるのにあえてブランクのある学歴を書いたという自覚を持つべきだ。

略称や略記号は使わない

履歴書は正式書類。

昭和をS、平成をHとしたり、株式会社や有限会社を(株)や(有)と略すのはルール違反。

資格名称も英検などの略称ではなく正式の名称で書くのが正しい。



市販の履歴書用紙の選び方

写真は文字より強い印象を与える

数字や固有名詞は正確に

内容以前の問題
29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法
落とされるには理由がある
あなたの履歴書にこんな間違いはないか
市販の履歴書用紙の選び方
写真は文字より強い印象を与える
数字や固有名詞は正確に
内容以前の問題
書き方ひとつでここまで変わる履歴書
選抜段階で注目される履歴書の自由記入欄
職歴が浅い程職務経歴書が有効
職務経歴書は履歴書の繰り返しでは意味がない
志望先の選考手順により違う提出方法
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
「究極の転職マニュアル」元採用担当者が暴露する転職採用の裏側。希望企業への転職を成功させる極意が満載!!
転職・就職と言えばHST PROGRAM
元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」。採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策をたっぷりお伝えします

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
金利 10年








































































志望動機で決まる!未経験転職ガイド All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。